<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どんど焼き

c0180691_11261235.jpg
「どんど焼き」とは小正月(1月15日)の行事で、正月の松飾り・注連縄などを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという、お正月の火祭り行事です。(画像は北海道の滝川神社で撮影。)

 火は穢(けが)れを浄め、新しい命を生み出します。どんど焼きは、祓(はら)い浄(きよ)めという役割と、正月に浮かれた人々を現実世界に戻す、二つの役割を担った行事と思われる。
 
一年中の身体健康・無病息災・家内安全・五穀豊穣などを祈願しているそうです。

1/22追記・・・「どんど焼き」という行事は、東京など大都市では火災の恐れで江戸時代から禁止され、都市部でも「どんど焼き」が廃れている傾向にありますが、その一方で地域の伝統行事を見直そうという住民の機運が各地で盛り上がっているようにも感じられる。

[PR]
by msy-yan | 2017-01-15 11:38 | 動物・野鳥・花・風景 | Comments(0)

大注連縄がお出迎え!

奈井江の森博明さん 今年も神社に奉納

 奈井江町大和の農業、森博明さん(80)が12月28日、大注連縄を奈井江神社に奉納し、新年の参拝客らを迎える準備を整えた。
 森さんが奉納するのはことしで16年目、自分で育てたゆめぴりかの稲わらを使い、収穫後の10月から編み上げた。
 この日、新しく奉納した注連縄は2本。長さは1本約7メートルで重さは60キロを超え、本殿に飾る大注連縄は過去最大になったという。神社役員6人の手で鳥居に飾り付けられ、総代表の山中重利さん(66)は「ことしは特に立派な注連縄になった」と胸を張った。
井上博光宮司は「うちの神社の氏子会は熱心でありがたい。新年も町民が幸せな年となるよう祈念したい」と話し、森さんは「ことしはコメの出来がよく最高の年だった。新年も健康に過ごしたい」と話していた。・・・プレス空知1月1日号より

[PR]
by msy-yan | 2017-01-03 18:24 | Comments(0)

撮りためた写真を公開


by msy-yan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31